愛しのダーリンと3人の息子達(小3、小1、2歳児)との笑いあり涙あり?の平凡な日常生活を綴るめめの育児日記です
by matari-sh
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

まったりプーケット旅行記。~ホテルに着いたよ編~

外は雨・・・雨に濡れて何かに怯えているやせ細った白い犬と一緒に
迎えの車を探しに行ったダーリンを待つ私たち。
も~ちょっとー!大丈夫なんでしょうねー!?ってちょっぴり不安になったけど
人が通るたびにびくっびくっとする犬を観察したり、写真を撮ったりしていたら
「見つかったよー」とダーリンが帰って来た。よかった~

お迎えの車は車種はわかんないけど、トヨタ車だった。
運転手は子どもみたいに若いお兄ちゃん。
顔はタイの人にしては薄いな~と思ったけど、英語で会話。
が、しばらくして携帯で話し出した言葉がどう聞いても中国語。

ダーリンと2人で「これって中国語に聞こえるよね?」って。
電波が悪いのかすぐに切れちゃうので、会話が続かないため確認できずにいたんだけど
しばらくして今度は長く話していたのを聞いてやっぱり中国語と確認。
この顔の薄さは中国系だったからなのか~と納得。どこにでも中国人は居るのだな~

でも私たちは日本語以外しゃべらず、彼に話しかける事も話しかけられる事もなかったので
こちらが中国語が話せる事は彼にはわからないまま。
ホテルについて彼が「帰りはいつですか?」と得意ではなさそうな英語で話しかけてきたので
ダーリンもあまり得意ではない英語で返していたたけど、まどろっこしくなったようで
中国語で話しかけたらお兄ちゃん腰砕けになって
「なんだ~中国語話せるのか~よかった~早く言ってよ~」みたいな感じになって
突然フレンドリーに話しかけてきた。

チェックインしてる最中も仕事は終わったのにずっと横に居てダーリンに話しかけていた。
帰りはいつー?何時~?どこか行きたいところあったらアレンジするよ~などと話してから
私たちの部屋の番号を控えて、自分の携帯の番号を書いて渡してくれた。

飛行機の中からずっと寝たままだった三男は、車を降りてから覚醒。
おいおいーもう2時過ぎてるのに~こっちは眠いのにどうなるんだよ~~と不安が募りつつ
部屋へと移動した。

部屋までホテルのベルボーイ(おっさんだったけど)が一緒についてきてくれたんだけど
荷物もベビーカーもまったく持たず、エレベーターのドアを押さえることもせず。
しかも荷物にベビーカーに家族5人でエレベータ狭いからちょっと邪魔だった。
あんたいったい何のためについてきたの?ってイラッとしたので
もちろんチップなんかやらなかったよ~だ。

部屋にはベッドが3つ(ひとつはエキストラベッド)並んでいた。
ひろーいベランダがあり、シービューだというこの部屋。
夜中だから真っ暗で見えなかったので朝になるのが楽しみ・・・

もう3時近かったので着替えてすぐに寝よう!と言う事になったんだけど
子供たちは興奮して騒ぎ出し、「静かにしなさい!」と叱りながら
軽く荷物を整理していると、ドアをノックする音が・・・
開けてみると、ネグリジェを着たお隣さんらしき女性がが立っていた。
「静かにして~」と苦情を言いに来たのだ。す、すみません・・・

でもすんなりと眠れるはずもなく・・・
特によく寝ていた三男は静かにしろって言っても無理だし。
とにかく時計がないのでどのくらい時間がたったかわからないけど
なんとか寝かしつけて私も眠った。

そして朝を迎えた・・・

続く!
[PR]
by matari-sh | 2006-10-03 09:46 | 子連れ旅行
<< まったりプーケット旅行記。~1... まったりプーケット旅行記。~行... >>


お気に入りブログ
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
COCO'Sにて
from Shanghai Life
まーだまだ
from Shanghai Life
お誕生日会
from Shanghai Life
やっぱり百恵
from Shanghai Life
コクテル堂
from Shanghai Life
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧