愛しのダーリンと3人の息子達(小3、小1、2歳児)との笑いあり涙あり?の平凡な日常生活を綴るめめの育児日記です
by matari-sh
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

一時帰国の思い出~その1^

「日本でまったり」のつもりが「日本でぐったり」になってしまった今回の一時帰国。

毎年春節は幼稚園をお休みして、1ヶ月くらい帰っていたんだけど、
長男が小学生になったので今回はいつもよりも短めの2週間の滞在になりました。
でもこんなに居心地の悪いのは初めてだった!!というくらいバタバタした2週間でした。

まずは帰国の日。日本は大雪のあの日でした。

空港まではダーリンが送ってくれて、チェックインも無事に済ませ、
一番前のバシネットがつけられる席を確保。
搭乗開始時間まで40分ほどだったので、すぐに別れてイミグレに。
ちょっと行列が出来ていたけど、ドキドキしながら一番左の優先窓口みたいなところに
勝手に並んだら何も言われずにすんなりと通してもらう事が出来ました。
子連れでも障害者でも老人でもなんでもない人も通していたので、
ずうずうしい者勝ち!なんですかね?

搭乗ゲートは37番(だったかな?)で、エスカレーターで1階へ降りると、
そこはフェリー乗り場のようでした。
「えー本当にここでいいの?」と不安になりながら、何度もボードを見て確認。
やっぱりあってる。
ここからバスに乗って飛行機の下まで行ってタラップで乗り込むんだわ。

ロビーで待って居る間、私は小三を抱っこ紐で抱っこして、
「まだなの~」と落着かない兄達をなだめていました。
それにしても寒い。荷物になるからコートも預けちゃおうと思ったけど、預けなくてよかった。

搭乗時間が遅れて、やっと搭乗開始になるとすぐにすごい行列が出来ました。
日本の航空会社のように、小さな子供連れを優先してくれるサービスは無い。
(早く乗り込んでもすぐに出発しないから、どうせ子供は「まだ~」って言うから、
ゆっくり乗る方が私は好き。)

子供達は「早く並ぼうよ!」と言っていたけど、
せっかく一番入り口に近いところに座っていたのに、わざわざ後ろまで歩くのは面倒だったし
立てば子供がうろちょろしてイライラするのは目に見えていたので

「大丈夫、全員乗るまで出発しないから焦らなくていいんだよ。
それよりも最後の人がここまで来るまで、ゆっくり座って待ってた方がよくない?」
と提案。

するとあっさりと「そうだね、ママは赤ちゃん抱っこして大変だしね。」と座って待つことに。

そしてゆっくりと待ってからバスに乗り込むと、すでに座席は無く
「ちょっとだから大丈夫だよ」と話してたら座っていた実父くらいの年齢の日本人男性が
「ここ座って!」と声をかけてくれました!!
「大丈夫ですから!」と言ったけど腕を引っ張って「いいから座って」と・・・嬉しかった!!
で、「ありがとうございます!助かります!」と遠慮なく座らせていただくと、
隣に座っていた日本人女性も「ここどうぞ。お母さんと一緒に座ってね。」
と子供達に席を譲ってくれました!感激!!
子供達と一緒にお礼を言ってありがたく座らせていただきました。
降りる時も3人で「ありがとうございました。助かりました!」と言って降りました。
それくらい嬉しかったんです。

そしてタラップから搭乗。風が強くてとても寒かった~
次男は風に吹かれてふらつきながら階段を上っていました。
私も抱っこしながら荷物を持っていたので、手を出してやる事もできず、
後ろから見守るしか出来ませんでした。
そんな時日本の航空会社のスタッフなら手を貸してくれたんだろうけど、
中国東方航空のスタッフにそんな人は一人も居ませんでした。

座席は一番出入り口に近いところで、バシネットがつけられる4人掛けのところを
3人で使わせてもらえました。
おかげで隣の人に気を使う事無く済みました。そこにはコートなどを置いちゃいました。

初フライトの小三は、乗ってすぐ授乳したらそのまま寝てしまい、
離陸後安定してバシネットをつけられるまで寝てました。
食事が運ばれ始めてバシネットに寝かしたらすぐに起きたんだけど、
泣かずにおとなしくしてくれたので母は授乳中にもかかわらずビールを飲みながら
ゆっくりと食事をする事が出来ました。

その後も問題なく来たんだけど、あと15分で到着となってから実際に到着するまで
1時間以上かかりました。成田上空でどのくらい待ったんだろう?
その間トイレは使えないと言うのに、次男がおしっこって言い出して・・・
私は授乳中だったので子供だけで行かせると、
「駄目」といわれて席に連れ戻されてしまいました。
で、1時間待ったけどその間他の人たちはどんどんトイレに行ってるんですよ!
次男も限界に来たので、もう一度行かせるとまた駄目だって戻されてしまいました。
「えー!?」と言ってる横を他の人が何人かトイレに入ってるじゃないか!!

子供だけだと帰されるのかと思い、今度は私も小三を抱っこしたまま
一緒について行ったんだけどトイレの前のスッチーがやっぱり駄目だって言うんだよー!!
私、ここでキレました。中国人だったけど日本語でブチギレ。
「どうしてうちの子は駄目なんですか!他の人は入ってるじゃない!
もう1時間も待ってるんだよ!もらしたらどうするんですか!」って。
そうしたらなんとか入れてもらえる事に。

危ないかもしれないから我慢させていたのに、
他の大人は我慢しないでどんどん入っているのに
どうして小さな子供だけ我慢しなくちゃならないのか。納得できなかったんだもん。

その後もなかなか着陸できず、着陸してからもなかなか降りられず。
寝起きの長男がグズグズで、「どうして降りられないんだ!」泣きべそかいて
前の壁を蹴りだすし・・・
次男も「まだかなーまだかな~」とイライラし始め、
三男は抱っこだったのでおとなしかったのが救い。
どのくらい待ったかな~?イライラしすぎて時間も覚えていないくらいです。

なんとかなだめているうちにやっと降りられることに。
荷物を降ろしたり、小三を抱っこ紐に入れたり準備をしているうちに
みんな立ち上がって並び始めたけど
ここまで来たらゆっくりと降りようと覚悟を決めて
「早く降りたい」と言う子供達を
「みんな早く降りたいと思ってるんだよ。みんな同じ気持ちなんだよ。」
となだめてのんびりと座っていると、近くに座っていた、
バスの中で席を譲ってくれたのとは別のお父さんが
「進みだしたら前に入っていいから」と声をかけてくれました。
そして実際に進み出したら遠慮する私の腕を引っ張って、前に入れてくれました。
本当にどうもありがとうございました!!
子育て期の母にとっては、こういう親切がとてもありがたいのです。

実際はそんなに大変じゃなかったんだけど、
3人の子連れで赤ちゃんも連れてたから大変そうに見えたんでしょう。
他の人が「あら、3人!」「え、2人でしょう?」「ほら、ママが赤ちゃん抱っこしてるじゃない!」
と話しているのが聞こえました。

そしてこの分じゃきっと混んでるんだろうな~と思っていた入国審査は、
あまり並ばずに済みました。
でも荷物が届くのが遅かった~
しかも降りたところとは反対のゲートに届いたので、そこまで歩くのもしんどかった。
「今日は本当についていないねー最悪の日だね~このまま終わるのかな~」という長男に
「ママはそれでもいい事を探して、いい一日だったと思うようにするよ。」
と話しながら歩きました。
(この時点ですでに席を譲ってもらったりといい事が3つもあったんだけどね!)

子供を近くのベンチに座らせて荷物が流れてくるのを待つ事15分。
1番最初に私のバッグが出てきたので
「ほら、いい事あったよ!バッグが一番に出てきたよ!」と言うと
「本当だ!いい事あったねえ~」と子供も大喜びでした。

荷物を押しながらゲートを出ると、出迎えの人たちがいっぱいで、
迎えに来ているはずの実父の姿が見えない。
雪で到着が遅れているのかな~?でもこっちも相当遅れたからな~と思っていると、
「長男!!」と呼ぶ声が。
女の人の声だったので「同じ名前の子がいるんだ~」と思っていたら、
また長男の名前を呼ぶ声が。
すると目の前には、胸に「貼るホッカイロ」をゼッケンのように貼って
小走りで近づいてくる兄嫁の姿が!
レンタルのベビーベッドを取りに行った実父に代わって、
兄と一緒に迎えに来てくれてたんだ~

そして大雪の中、ゆっくりと時間をかけて実家まで帰りました。
途中でコンビニによっておにぎりなどを買って食べたんだけど、
ここでちょっとびっくりした事がありました。
なにって、コンビニのおにぎりを開けられない子供達。
日本に居たら普通に出来ていそうな事が出来ない事にびっくりしました。
それよりも雪の中ソフトクリームを食べる私に兄はびっくりしてましたけど。
(ミニストップのソフトおいしいよね!)

って感じで、一日目は終わる・・・はずでした。
続く!!
[PR]
by matari-sh | 2006-02-06 20:00 | 一時帰国の思い出
<< かすぴーの生命力。 そりゃないよ!「味工房」。 >>


お気に入りブログ
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
COCO'Sにて
from Shanghai Life
まーだまだ
from Shanghai Life
お誕生日会
from Shanghai Life
やっぱり百恵
from Shanghai Life
コクテル堂
from Shanghai Life
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧